そもそもCSSってなあに?

CSSってどういう使い方するの?

CSSのことを知りたくこの記事を見ているということは、あなたはHTMLを大体知っているというものだとしてお話しますね。
ではまず、HTMLを簡単にイメージしておきましょう。HTMLはマークアップ言語と言ってテキストファイルに目印を付けてブラウザ(インターネットを開くソフト)で表示するわけものです。
しかしHTMLだけではどうしても味気なくて寂しい……そんなときに「CSS(カスケーディングスタイルシート)」を使います。
「カスケード」は「いくつかの指定した場所を利用」、「スタイルシート」は「サイトの見栄えを変えるもの」という意味がありますので、「指定した複数の場所のスタイルを変化させるもの」して考えておくと良いです。

CSSのおおまかなイメージ

「指定した複数の場所のスタイルを変化させるもの」って言ってもどんな風に使うの?と思われるでしょう。詳しい記述方法はここでは置いておいて、おおまかなイメージだけ掴んでもらえればいいです。
例えばHTMLで「こんにちは」と「こんばんは」を表示するように記述したとしますね。もちろんそれを開けばブラウザ上で「こんにちは」と「こんばんは」が表示されます。ここまではOKですよね。その「こんにちは」を「Aグループ」、「こんばんは」を「Bグループ」に所属させます。そこでCSSを使って「Aグループに属する言葉を黄色、Bグループに属する言葉を青色に変化を加える」という意味をもつ記述をすると「こんにちは」が黄色に、「こんばんは」が青色になって表示されます。
HTMLでクラスの名前(例えば3年3組とか)を付けてそのクラス専用の指定(例えば3年3組は体育)をするというようなイメージで良いと思います。
どうですか?CSSのおおまかなイメージだけでも掴めたら嬉しいです。これから楽しんで学んでいきましょうね!

HP作成を行う際はレイアウトや配色に気を配り、伝えたい情報を簡潔に表示することが閲覧数を増やすための重要なポイントです。